いざというときのために応急手当の知識と技術を身につけておきましょう
 事故などで心肺停止になった人を救うには、救急車が到着するまでの間に、そばに居合わせた人が速やかに心肺蘇生(そせい)措置の応急手当を行う必要があります。いざというときのために、消防署の講習会に参加して応急手当の知識と技術を身につけておきましょう。
  そばに居合わせた人の心肺蘇生措置で一命をとりとめる

 60歳代の女性がテニスの試合後に「めまい」を訴え倒れました。テニス仲間数名が掛けより確認したいところ、反応もなく普段どおりの呼吸をしていませんでした。仲間たちは心肺蘇生をする者、119番通報する者、AEDを搬送する者、それぞれの役割を果たしました。3分後にAED が到着し電気ショックを1回実施し消防隊が到着した時には呼吸と脈拍が回復し、その後救急隊到着時には、意識が完全に回復しました。
       【資料:財団法人 救急振興財団 応急手当講習テキストより

 
 心臓が止まってしまうような重大な事故等は、いつ、どこで、何が原因でおこるか分かりません。下の図ではその場に居合わせた人が速やかに心肺蘇生法を実施した場合と、救急車が来るまで何も行わなかった場合の救命のチャンスをグラフで表したものです。このことからも、その場に居合わせた人の心肺蘇生法がいかに重要かわかると思います。決して応急手当をする時間が遅くなっても、手を差し伸べることで救命のチャンスがあることも認識し、積極的な応急手当をお願いします。
資料提供:消防庁
  応急手当によってつなげる「救命のリレー」

 心肺停止状態となった人がいたとき、119番通報して救急車を待っている間、周りにいる人が、人工呼吸や心臓マッサージ、AEDによる応急手当をしましょう。救急車が到着したら速やかに救急隊員に患者を引き渡し、その後、救急車内で救急救命士等による救命処置、医療機関で医師による救命医療が行われます。

救命の連鎖とは

(1)「心停止の予防」(2)「心停止の早期認識と通報」(3)「一次救命処置」  

(4)「二次救命処置と心拍再開後の集中治療」の四つの輪で成り立っており、
  この四つの輪が途切れることなくつながることで救命の効果が高まります。


資料提供:消防庁
  講習会により応急手当の技術の習得を

 人工呼吸、心臓マッサージ、AEDなどの応急手当は、経験がなければ、いきなりその場で実践することはできません。患者を救うためには、何よりもまず、多くの人が応急手当の知識と技術を身につけることが必要です。
 応急手当の技術を得るには、自分で実践して身につけるしかありません。各消防署では応急手当の講習会を実施しています。講習は大きく分けて救命入門コース普通救命講習、上級救命講習、の3種類の講習があり、救命入門コースは小学生高学年以上を対象とし、応急手当の入門コースとして心肺蘇生法とAEDの取り扱いを中心に学びます。普通救命講習では主に成人の心肺蘇生法、AED、止血法などを、上級救命講習では成人に加えて乳児・小児の応急手当等も学びます。
 応急手当は、一度覚えてしまえば、だれでもできるようになります。応急手当の講習会に参加して、その知識と技術を身につけましょう。

  応急手当のやり方
心肺蘇生法

 事故等により被害者が心肺停止状態になった場合、そばに居合わせた人は、救急車が来るまでの間、速やかに心肺蘇生措置を行う必要があります。心肺蘇生法は、次の手順で行います。

  1. 意識を確認する。
  2. 救急車の要請およびAEDを現場に届けてもらうよう協力を求める。
  3. 呼吸の確認。
  4.  「普段どおりの呼吸」をしているか。(10秒以内で胸部と、腹部の上がり下がりを観察)

  5 胸骨圧迫。

   胸の真ん中、胸骨下半分を重ねた両手で約5cmしずむまで圧迫します。
   1分間に100〜120回のテンポで30回連続して強く、速く、絶え間なく圧迫します。
 
 6 人工呼吸

   頭部後屈あご先挙上法
   
   人工呼吸を2回(1回/秒)


   (※ 人工呼吸を行うことができなければ省略可)
  1. 心臓マッサージ30回。

 上記4、5を2分間行い、交代者がいれば1〜2分を目安に交代します。
これを救急車が到着するまで繰り返します。

AEDの使い方
平成16年7月から一般の人でもAEDを使用することができるようになりました。

AEDの操作手順は、すべて機械が音声メッセージを出してガイドしますので、音声メッセージのとおりに行えば一般の人でも簡単に操作ができます。

  1. 電源を入れる。
  2. パッドを貼(は)る。
    パッドを貼る場所は、パッドに図で表示されているので、それにしたがって患者に貼り付けましょう。なお、電気を使用しますので、感電防止のために皮膚が濡(ぬ)れていないことを確認しましょう。
  3. コネクターを指定された場所に差し込む。
    機械が心電図を解析し、心室細動(心臓の痙攣(けいれん))を検出すると、自動的に充電します。
  4. 放電ボタンを押す。
    充電が完了すると、「放電してください」との音声メッセージが流れるので、それにしたがって、放電ボタンを押しましょう。このとき必ず自分と周りの人も離れ、患者に触れないようにしましょう。

      

鹿角広域行政組合消防本部
Kazuno Fire Department

正しい119番のかけ方